おいしいカニの選び方


カニの種類


タラバガニ

漁期:2~4月、9~10月

ずわいがに

漁期:5~6月、10~12月

毛ガニ

漁期:4~6月(オホーツク)、7~10月(根室)、11~3月(釧路)

渡りガニ

春~秋

他にアブラガニ、紅ズワイガニ、花咲ガニ、アサヒガニ、イバラガニなどがあります。


カニの種類


生きたカニで、とてもおいしい。ただし、水槽など生簀のなかで、日がたっていると身がやせてくるので、当たりはずれも多い。

浜ゆで

とれてすぐの生きたカニをボイルをしたもの。とてもおいしいが、保存ができない。

生(冷凍)

とれてすぐのカニを、そのまま冷凍したもの。船凍品は鮮度もOK。保存もできる。

ボイル(冷凍)

とれたてのカニをボイルして、すぐに冷凍したもの。保存もできる。



堅ガニ

堅ガニが脱皮をして時間がたったカニで、一番身入りがいいカニ。若ガニは脱皮したばかりで身が入っていない。老ガニは年齢を重ねたカニで身入りはいいが、甲羅の色が黒ずんでいるものが多い。※重さ、足の付根の身入り、甲羅の硬さ、色が黒ずんでいる等で見分ける。

若ガニ

老ガニ

オスの方がおいしい

メスは卵を持つので、栄養がそちらにってしまう。オス、メスの見分け方は下図のふんどしで

新鮮なもの

新鮮なカニは身離れが良い


オス・メスの違い
オス
(ふんどしが小さい)
メス
(ふんどしが大きい)


カニの種類


① 活

刺身(酒の花)、焼ガニ、ボイル、鍋

② 浜ゆで

そのまま

③ 生冷

焼ガニ、ボイル、鍋

④ ボイル

解凍してそのまま(再ボイルしない)、鍋

⑤ カニミソ

毛ガニ、ズワイガニ。ボイル、甲羅酒などで。※黒っぽいミソは、海藻類を食べたカニ。オレンジ色のミソは、貝類を食べたカニ。





カニのご注文はこちらから!
ズワイガニ爪(Lサイズ)1kg 2,600円


ページトップへ