おいしいイクラの選び方

おいしいイクラの選び方

イクラの種類
イクラと一口に言っても、厳密に言うと イクラマス子があります。
・秋サケからとれるもの → イクラ
・マスからとれるもの   → マス子
 マス子もそれなりに旨いですが、やはり秋サケからとれるイクラの方がクセもなくおいしいです。(秋サケの身はイマイチですが、卵のイクラは最高に旨い
 
(注意)
  商品名はイクラとなっていても、 原材料表示をよく見てください。「イクラ」または「秋サケの卵」ならOK、マスの場合「マス子」と書いてあります。

獲れる時期

 産卵に向かって川に近づいてきた時に獲れたものと、川に入ってきて産卵間近なものとでは獲れる時期でイクラの旨さが全く違います。産卵に近づけば近づく程、卵は卵自身の栄養を使って大きくなり、皮も厚くなってきます。つまり大きくて見栄えはいいけど、旨みが少なく食べると口の中に皮が残ってしまいます。こうなると全然おいしくありません(粒はそこそこの大きさで口の中で歯に触れた瞬間はじけるのが最高のイクラです)。一番おいしいのは、粒はやや小さ目のものがいいですよ。「大きくて立派なものがいい」というのはウソですからご注意を!

(余談)
  大きくなったイクラはピンポンと呼ばれています。皮が厚いため、テーブルの上に落とすとピンポン玉のようにテーブルの上で弾むからこう呼ばれています。本当ですよ。特売品のイクラなどは特に要注意です。
 

  イクラの大きさも概して北海道産の方が三陸産よりも若干小さめです。どちらで獲れたイクラもおいしいので、 見栄えよりも味が優先の人は北海道産味も大切だけど少しでも大きさを、という人は三陸産がオススメです。

おいしいイクラの選び方  おいしいイクラの選び方

味付け
  塩イクラと醤油イクラがあります。これは皆さんの好みですが、年々醤油イクラの方が人気が上がっています。店長である私も、実は醤油イクラの方が好きです。

(余談) 筋子とイクラって違うの?
  筋子はサケの腹から卵を取り出した状態のもので、卵1つ1つがぶどうの身みたいに全部くっついているものです。これをほぐして卵を1粒ずつバラバラにしたものがイクラです。


(ヘルシー)
  イクラの赤色はアスタキサンチンといって老化防止の効果があります。サケ、イクラにとっても多く含まれていて他の魚にはほとんど含まれていません。サケ、イクラを食べていつまでも若々しく…!

唐戸市場でぜひお求めください!

イクラのご注文はこちらから!
イクラ醤油漬け500g


ページトップへ